塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レヴューワー紹介②

今年は新たに、大阪の写真ギャラリーThe Third Gallery Ayaのディレクター綾智佳さんと「ロッキング・オン・ジャパン」編集長の山崎洋一郎さんにレヴューワーとしてご参加いただきます!


>綾智佳 あや ともか

大阪生まれ。1996年The Third Gallery Aya設立、ギャラリーオーナーディレクター。石内都、ジョー・スペンス、牛腸茂雄、原 美樹子、岡上淑子、池田朗子、鈴木崇、みとま文野、浅田暢夫、小松原 緑などの展覧会を開催。近年、世界の写真及び現代美術の現状とリンクする機能を持つギャラリーを目指し、アートフェアにも出展。
1997年「6Works+6Artists しごと-作家/写真家であることを選んで」6人の作家、秋岡美帆、石内都、児玉房子、永原ゆり、松尾弘子、松本路子氏のインタビュービデオを制作。2000年photographers diary発行。以降2004年まで毎年発行。作家による雑誌「写場写場」を監修、これは2005年に最終号を刊行。2007年「Comical&Cynical-韓国と日本の現代写真」を企画、翌年 韓国にも巡回。写真表現大学講座ディレクター、日本写真映像専門学校非常勤講師。


☆10年以上前より大阪でギャラリーの運営をされており、石内都・澤田知子・浅田暢夫・岡上淑子展など日本を代表する作家から若手まで、さまざまな写真家の展覧会を企画。また、写真表現大学の講座ディレクターとして、何を撮るのかではなくどのようなテーマを持つのか、また、唯一の持ち味を見つけて表現することを重視したプログラムを実践され、多くの若手作家を育成されています。

The Third Gallery Aya
http://www.thethirdgalleryaya.com/



>山崎洋一郎 やまさき よういちろう

1962年生まれ。上智大学卒。
ロッキング・オン編集長を経て、現ロッキング・オン・ジャパン編集長を歴任。
著書に「激刊!山崎」、編集書籍に、エレファントカシマシ「風に吹かれて」、HIROMIX 「girl's blue」「HIROMIX WORKS」、電気グルーヴ「メロン牧場~花嫁は死神」などがある。
ロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FES.」「COUNTDOWN JAPAN」のプロデューサーも務める。


☆山崎洋一郎さんは、編集者として写真の持つ可能性に早くから注目し、ヴィジュアルに徹底してこだわった誌面づくりで全く新しい音楽雑誌をつくり上げてきました。それまでは、音楽誌には専門のカメラマンがいたのですが、山崎さんは、広告・ファッションなど他の分野から写真家を起用し、90年代中盤に、音楽・写真を雑誌文化の中でむすびつけた立役者として知られています。これまでに膨大な量のポートポートフォリオを見てきて方でもあり、そこから新しい才能を次々と見出し、雑誌から育っていくという図式をつくりました。
また、ミュージシャンの生い立ちから現在までを語る2万字インタビューなど、独自の文章にも定評があります。


そして、昨年もご参加いただいた沖本さん、山崎信さん。菊田もいます!

>沖本尚志 おきもと たかし
1966年東京生まれ。新聞社勤務、Macintosh雑誌編集部を経て、2001年(株)エムディエヌコーポレーション入社。コンピュータ・グラフィックス誌、Webデザイン誌、ビジネス誌等、デザイン書籍などを手がけたのち、2005年に写真雑誌『PhotoGRAPHICA』(フォトグラフィカ)を立ち上げ、以後同誌に編集に携わる。


☆毎号テーマを設けてひとりの写真家にフォーカスするスタイルで、これまでになかった写真雑誌を生み出した沖本さん。巨匠から若い写真家まで、さまざまな作品に通じており、現在の写真のトレンドを押さえている編集者です。既刊の『PhotoGRAPHICA』のほとんどは、すでに売り切れというほどの人気です。ちなみに、最新号は森山大道特集。こちらも必見です!


>山崎信 やまざき しん
日本大学芸術学部写真学科卒業、日本大学芸術研究所修了後、フォト・ギャラリー・インターナショナルヘ入社。国内外の著名な写真家の作品展を約300以上企画制作するかたわら、全国の写真美術館などの保存修復、保存・展示システム業務に携わる。2002年より、日本大学芸術学部写真学科非常勤講師。現在、フォト・ギャラリー・インターナショナルでディレクターを務める。


☆山崎さんは、P.G.I.の愛称で知られる、写真専門ギャラリーの先駆けであるフォト・ギャラリー・インターナショナルに設立当初から関わっているベテランのギャラリストです。写真の販売だけでなく、写真家のマネジメント、展覧会の企画、プリント、額装、展示まで、これだけ幅広い分野を高いクオリティーでこなすことができる人物は、日本ではなかなかいらっしゃいません。展覧会ごとに発行される『P.G.I.レター』は、他の媒体には載っていない作品制作エピソードや、写真家の肉声がまとめられている貴重な資料です。P.G.I.レターには、山崎さんとP.G.I.の写真と写真家に対する真摯な思いが伝わってきます。
★フォト・ギャラリー・インターナショナル公式ホームページ http://www.pgi.ac/


菊田樹子 きくた みきこ
インディペンデント・キュレーター。株式会社リクルートに勤務後、イタリア・ボローニャ大学にて写真史とイタリア美術史を学ぶ。1999年から東京を拠点とし、国内・ヨーロッパで写真展・現代美術展などの企画・運営を手がける。2001年より『日本に向けられたヨーロッパ人の眼・ジャパントゥデイ』写真プロジェクトのディレクターを務め、近年は、13人の日本人写真家がEU加盟国の現在をとらえた写真集シリーズ「In-between」の企画・編集、フォトエスパーニャ(マドリッド、2006年)、フォトシンキリア(テサロニキ、2007年)の企画協力・キュレーションなどに携わる。2009年夏に発行された野村恵子最新写真集「Red Water」の編集を手がける。


☆いろいろな場所でポートフォリオレヴューが行われるようになってきており、面白い流れだなと思っています。塩竈のポートフォリオレヴューの魅力は、レヴューワーも参加者のほとんども外から来る方々で、塩竈に「連れてこられている(?)」という一種の隔離状態というところです。写真家のオフィスや編集部に写真を見せにいくのとも、また違った雰囲気です。お互いに、普段の仕事を離れて、写真を見ること/見せることだけに専念する機会・・・なかなかないですよね。その中から、いつも気がつきにくかった何かが見つかったりするものだと、昨年のレヴューでつくづく感じました。

ご応募お待ちしています!!







| 未分類 | 02:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/97-43ccaee4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。