塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

写真賞決定

塩竃フォトフェスティバル実行委員会の沖本です。
ついにフォトフェスティバルの大賞が決まりました!

23日の公開ポートフォリオ・レヴューの最終審査に残った9名の応募者。プロとして活躍している応募者もいれば、自分なりの表現と美学を追究している応募者、写真は素人しかし純粋な情熱と真剣さで勝負している応募者とさまざまなタイプの写真が登場した最終審査でした。レヴュワー一同、応募者の方々の真剣さとひたむきさに習い、襟を正して真剣勝負に挑みました。

sinnsa.jpg


厳正なる審査の結果、大賞に選ばれたのは双子の兄弟とともに自らの肉体を写真にすることで、自己と他者の存在を問いかける斬新かつ深い作品「Dizygotic Twins」(二卵性双生児)で応募された藤安淳さんに決定しました。藤安さんはこの作品が処女作ながら、明快で普遍的で強力なテーマ、強烈なビジュアルは写真表現の奥深さと文学性をあらためて問いかけるものでした。追って作品を公開しますが、このブログを見ている方々には、ぜひ一見していただきたい含蓄に富んだ作品です。

hyoushou.jpg


塩竃賞にはこちらも処女作ながら、爆発的な表現力で他を圧倒した天野裕氏さんと、完成度の高さと将来性に期待大の磯部昭子さんに決定しました。

また、P.G.I.賞には樹木をスタティックに写した五十嵐一晴さん、PhotoGRAPHICA賞には、気持ちのよい構成力と組の力、愛にあふれた作品群「昼光ジャズ」を応募された阪本勇さんに決定しました。また、PhatPHOTO賞は明石瞳さん、岩崎亮さん、小林良平さん、福岡将之さん、松木宏裕さんに贈られました。

受賞者の皆さん、心から祝福を申し上げます。おめでとうございました!

| お知らせ | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/58-9c5e8ea5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。