塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀喜寿司

塩竃フォトフェスティバル実行委員会の沖本です。塩竃の美食と言えば、何はさておき寿司。来塩されるみなさん大注目、とっておきの寿司ネタを披露します。

紹介したいのは、平間至さんも太鼓判を押す、塩竃の名店「亀喜寿司」。創業80年の老舗です。すでに塩竃市内のお寿司屋さんは、何軒か寄りましたが、いまのところ私はここがいちばん美味しいと思いました。

まず、一発目に出てくる本マグロの中トロの握り。まあ、たいていの人はこれを食べただけでクラクラきてしまうでしょう。これは塩釜港が日本有数のマグロ漁港だから、当然と言えば当然なのですが、驚くのはシャリの旨さ。マグロと一緒にほろほろ崩れる味わいは絶品。さすが、米どころは違うという感じ。

ブドウエビの澄んでいるけれど濃厚な味わいも格別です。ブドウエビは塩竃近辺でしか捕れないそうで、甘エビよりも大きくて味が濃く、クルマエビよりも味が澄んでいるという幻のエビ。亀喜寿司に寄ったら迷わず頼みたいネタのひとつです。

本マグロも旨いけれど、さらにその上を行くのがメバチマグロの握り。旨味が上品というかシャープで、脂身感がしないところが特徴。滅多に入荷しないネタなので、運が良ければ食べられるかも。

個人的には塩竃港で揚がったアナゴに塩を振ったアナゴ握り、締めに頂く本マグロのトロを使った「とろたく」、伊達巻きのようにふんわりとしたタマゴ焼き、デザートで食べた「浦霞」大吟醸の酒粕を使ったムースも印象に残る逸品でした。

寿司だけでなく、日本酒もいいものが。塩竃の蔵元として有名な「浦霞」の大吟醸を始めとする逸品が10種以上も揃っています。私は浦霞の「禅」を頂きましたが、じつに薫りが良く、飲み心地も軽くて最高。

塩竃を訪れた際は、ぜひここの寿司を食べて、浦霞を飲んで、食文化の豊かさを満喫して下さい。


亀喜寿司 塩竈市新富町6-12
http://www.kamekisushi.jp/index.html

| お知らせ | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/45-9147c610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。