塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

在来線で行こう

在来線で行こう



はじめまして。平間事務所、アシスタントの鈴木です。
今回は、平間至の塩竈フォトフェスティバル撮り下ろし写真展についてご紹介させていただきます。

写真展に向けて2月15~17日の3日間、平間と一緒に塩竈に撮り下ろし撮影に行ってきました。ふだんは新幹線もしくは高速を利用して車で行くところを、今回は在来線を利用し約9時間かけて塩竈まで向かいました。

新幹線を利用すれば2時間ほどで着いてしまいますが、土地それぞれの雰囲気を感じながらゆったりとした時間が流れる在来線で行く塩竈は、ただ塩竈に行くのとは違います。言葉で表現するのは難しいですけれども、実際に体験してみれば感じていただけると思います。皆さんもフォトフェスにお越しの際は在来線を利用してみることをお勧めします。フォトフェス期間はJR東日本の「青春18きっぷ」が使えるので、片道2,300円で塩竈まで行けますよ!

さて、今回の平間至の撮り下ろしは、いつ・どこで・何を撮るのかまったく決まっておりませんでした。塩竈に来たのが2回目の私からしてみると、塩竈を散策しながら撮影しているという感覚です。塩竈の名所や平間さんお勧めの場所を点々としながら撮影が進んでいきました。撮影をしながら歩いて、おいしいものを食べて、体が冷えたらふれあいエスプ塩竃やビルドスペースに避難して…。あたたかい、塩竈の人情に触れながらの撮影でした。

でき上がったプリントを見ると、1枚1枚が確かな存在感と重さと力を持っています。
「写真は何かを撮ろうとしてはいけない」
「同じカットを複数撮った場合、断然1番最初に撮ったもののほうが力がある。同じカットは2度撮らないほうがよいね」
平間とこんなことを話しながら、写真展用に作品を約50点選びました。

言葉で表すことができる領域には限りがあると思います。だからこそ、皆さんには塩竃で作品をご覧頂きたいと思います。ぜひ、在来線で塩竈にいらしてください。そして平間至の写真展に足を運んでください。お待ちしております。

P.S.
撮影の際にお世話になったふれあいエスプ塩竃の皆様、ビルドスペースの高田様、ありがとうございました。温かい場所と温かいお茶とあたたかい人に、体だけでなく心まであたたまりました。

平間至展「在来線で行こう」
日程 2008年3月21日~3月30日
会場 本町ギャラリー(予定)
展示時間 10:00~18:00(入場無料)



| お知らせ | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/26-be21504a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。