塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イベント情報① 馬場龍一郎「ひとにふれていたい2011」展


塩竈フォトフェスティバル2011のオープンまで、いよいよ10日となりました。
注目のイベントをひとつずつ、ご紹介していきます。
まずは、馬場龍一郎さんの個展「ひとにふれていたい2011」です。

馬場さんの作品をはじめて目にしたのは、ある女性写真家が紹介してくれた
「復興の狼煙」というポスタープロジェクトでした。
震災の10日後に岩手県に入った馬場さんが撮影した被災地の人々の写真をバックに、
素晴らしいコピーが添えられています。

http://fukkou-noroshi.jp/



ちょうどそれは、被災地に数多くの写真家が写真家が入り、その作品が次々と発表され
はじめた頃でした。
船が町中(まちなか)に乗り上げている風景や、無惨に破壊された家屋や原型をとどめて
いない車・・・。ショッキングな写真の数々をどのように受け止めてよいのか、また、
こんな時、写真に何ができるのか、さまざまな疑問が湧いてきた頃でもありました。

そして馬場さんの写真を見た瞬間、霧がさっと晴れたように感じたのです。
「これで、いいんだ!」と思わせてくれた、ストレートなポートレート。
被災者は弱者ではないこと、いまこの時も前を向いて歩いている人がいること、
人は強くなれるということ、やさしくなれるということ、笑顔の素晴らしさ、
誰もがかけがえのないひとりだということ、そして「写真の力」。
いろいろな「ほんとう」が、馬場さんの写真から心にしみわたってきます。

塩竈フォトフェスティバルに参加していただけませんか?とお話したところ、
「それなら、塩竈を撮りたい」と馬場さんから思いがけない言葉が出てきました。
そして、気がついたら、すでに馬場さんは塩竈へ・・・。
結局、計3回の来訪となりました。

展示は、岩手、福島、塩竈で撮影された作品を合わせて展示します。
展示方法も馬場さんらしいユニークなものになりそうです。
ご期待ください!
01_convert_20111001061837.jpg






>馬場龍一郎 
http://afrocamera.com/profile/





















| 未分類 | 12:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/03/31 20:09 | | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/04/04 02:33 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/204-236672e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。