塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塩竈フォトフェスティバル2009 レポート③

>撮りおろし
笠井爾示展 「花火と祭り、さくら。」 本町アートギャラリー


IMG_3138_convert_20091028163651.jpg


IMG_3127_convert_20091028163542.jpg


IMG_3136_convert_20091028163744.jpg


膨大な量の写真でユニークな展示を行った笠井さん。
奥の部屋に展示されたのは、美しい諧調のモノクロ大全と花火のシリーズ。
モニターでは全撮影作品のスライドショーも。
笠井作品の魅力をたっぷりと楽しむことができました。
モデルとなったさくらさんも、会期中に遊びに来てくれました!



>撮りおろし
森本美絵展 「singnificant other」 ビルドスペース

IMG_3000_convert_20091028163952.jpg


IMG_2997_convert_20091028163916.jpg


IMG_2991_convert_20091028163838.jpg

自然光がたっぷり入る空間に、森本さんの作品がやわらかく溶け込みました。
ステレオタイプな塩竈のイメージを覆す、森本さんの自由な表現力。
太陽の光や花の香りまで、想像力がかきたてられる写真でした。



>ヲークショップ
まるごとカメラの部屋 公民館本町分室


IMG_3250_convert.jpg
昨年も大好評だったワークショップ。
今年の講師は平間さんでした。まずは、カメラの原理について!

IMG_3272_convert_convert_20091.jpg
タイトルそのまま、部屋をカメラにします。
光が入らないように目張りをして、真っ暗な部屋をつくり、レンズを設置。
外光が外の風景を、部屋の中に写し出します。


IMG_3283_convert.jpg


IMG_3312_convert.jpg


IMG_3327_convert.jpg


IMG_3356_convert.jpg


>映像上映
吉原家の130年  エスプホール


yoshihara_convert_20091127184149.jpg

新潟県新発田市にある、明治期より続く「吉原写真館」の歴史を写真で追う映像作品。
六代目館主の吉原悠博さんに、新発田市からお越しいただきました。
平間さんとは20年前に知り合い、長いブランクを経て、3年前に再会。
“写真館生まれ”という共通点もあります。
映像作品計3本とお二人のトークという盛りだくさんな内容になりました!

吉原悠博さんは、大学から東京で暮らし、のちにN.Yに留学。その後も東京を拠点に国内外を舞台にアーティストとして活躍していました。数年前、故郷に戻った際に土蔵で1200枚のガラス乾板を見つけ、パソコンで画像を調べてみたところ、その1枚に写っていたのは、吉原の先祖である一代目館主の姿でした。多様なメディアを駆使して先へ先へと表現活動をしていた吉原さんは、こんなにも近くにあった過去の記録に、未来へのヒントがあることを知ったといいます。
約40分の映像作品として凝縮された130年の歴史は、過去・現在・未来、記録、そして、自分は隔絶された点ではなく過去から連綿と続く線上にあること、または、いま私たちができることは何なのか・・?さまざまなことを深く考えさせてくれました。


吉原写真館
http://www.y-ps.com/index.htm



>映像上映
utsuroi エスプホール


utsuroi_convert_20091127184310.jpg

プロデューサー・監督の澤野計さんにお越しいただきました。
「utsuroi」は銀塩写真文化を後世に残そうと活動している「ゼラチンシルバーセッション」を中心に、デジタル化の波に押されるフィルムをとりまく現状を記録した映画です。フィルムがクローズアップされていますが、それは失われ行くものの象徴であり、すべてを飲み込みながら変化し続ける東京の姿も効果的に挿入されています。合理性や経済効果のでみで存続の是非が決まる現代という時代。私たちひとりひとりが感じること、考えることの大切さを静かに教えてくれました。

映画上映の後は、製作秘話や写真の今後など、お二人のトークが盛り上がりました。
澤野さんの熱い思い、しっかりと伝わったのではないかと思います。













| 未分類 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/137-f99538c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。