塩竈フォトフェスティバル

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イベント紹介6.マグフォト

こんにちは、塩竈市生涯学習センター「ふれあいエスプ塩竈」の松本です。
今日は、ワークショップ「マグフォト」についてご紹介します。

「マグフォト」ってなんのことかな? 
塩竈は、水産業が盛んです。
その中でも生マグロの水揚げが日本一。
そこで、マグロの模型(全長5メートル)をつくり、
塩竈の風景を撮影して写真(フォト)でデコレーションする試みです。
(本塩釜駅前にも、マグロのモニュメントがありましたね)


ワークショップの講師は、若手写真家の大江玲司さんと「飛びだすビルド!」の
スタッフのみなさんです。
第1弾として、5日に仲卸市場を小学生から中学生19人とスタッフで撮影会を行いました。
市場内は水揚げされたばかりのマグロをはじめ旬の秋刀魚、サバ、イカ、かきなどの魚介類、
そして市場で働く人、地元の買い物客、観光客の人たちの賑わいなど、
鮮度も活気も100パーセント!!


参加者は、そんな中でマイカメラのシャッターをパチ!パチ!パチ!
感想を聞いてみると・・・
「初めて見る魚や、生きている魚、いろんな物を一気に撮るのはあまりないので、とても新鮮でした」「市場は、活気があってこちらにも元気をいただいたような気がしました」
「大きいマグロの模型に写真をびっしり貼るとどうなるのかなぁと、とても楽しみです」などなど。


市場を撮影した参加者の子どもたちは、美味しそうな魚やお仕事をしている方たちをたくさん撮影でき、またお魚を試食もさせてもらったことなど(でんろく豆をご馳走になった人もいたとか)で大満足の様子。何よりも市場の人たちにやさしくして頂いたことが、一番嬉しかったようでした。


マグフォト 仲卸撮影



撮影後は、カメラを市内各店の写真館に現像とプリントを依頼して市内遊覧。
公民館へ戻りマグロの模型を見た参加者は、あまりの大きさにビックリ!!
みんなで協力して作るマグロの出来上がりが楽しみです。


マグフォト マグロ製作中



マグフォト ホールヘ搬入



第2弾は、12日にエスプホールにて「マグフォト」の制作、マグロの模型に
写真のコピーを貼る作業になリます。
マグロの模型は、作業をしていた公民館から8日午後、大人7人で担ぎ
エスプホールに搬入され、塩竈の写真をマグロに貼る作業を待つばかりとなりました。
マグロが待ってま~す。


そして、完成した作品「マグフォト」を前に9月12日(土)13:00から
「塩竈フォトフェスティバル2009」のオープニングセレモニーがエスプホールで行われます。

そこで完成したマグロがみなさんの前にドーン! と お披露目!

是非、オープニングセレモニーに参加して巨大マグロとご対面していただければと思います。
そして、マグロに写っているいろいろなところへ足をはこんで、塩釜の美味しい食べ物、
塩竈の人たちとふれあってみてください。
みなさまのおいでを、市民、スタッフ一同お待ちしています。
会場でお会いしましょう!!

| 未分類 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/tb.php/105-a2d17a3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。