塩竈フォトフェスティバル

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トークイベント 写真と人間

2012年3月11日、宮城県塩竈市のひらま写真館でトークイベント「写真と人間」を行いました。
ご報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。


トークを行ったのは飯沢耕太郎(写真評論家)、吉原悠博(美術家、吉原写真館6代目店主)、平間至(写真家)の3人。


047ls.jpg


テーマは「人にとって写真とは何なのか」で、震災から1年が経った今だからこそ改めて考えたいテーマです。


この日、ひらま写真館にはたくさんの人が集まり立ち見の方も出るほどでした。

038ls.jpg



震災のあと、自衛隊の方が作業をする中で、写真だけが拾われ、瓦礫の上にきれいに置かれてました。
そこで、なぜ写真が拾われたのか、というお話になりました。

3人の話はとても興味深いものでした。



吉原さんのDVD「吉原家の140年」を見ました。
これまでの吉原写真館の代々の店主と、撮影された写真をスライドショーでした。


次に平間さんのDVD「きみのことが大好きだから」を見ました。
これは、娘さんの写真をスライドショーにしたものです。


063ls.jpg


トークの後の質疑応答の時間では、たくさんの方から質問が出ました。
写真には何ができるのか、震災後の映像について、などの質問が出て、改めていろんな思いを抱えて震災から1年が経ったこの日に、ひらま写真館に来ているのだな、と感じました。





スポンサーサイト

| 未分類 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【展覧会のお知らせ】中義写真展「濡れた砂粒


塩竈フォトフェスティバル2011ポートフォリオレヴューにご参加いただきました
中義さんの写真展が開催されます。


現代社会の人間関係の希薄さを「群れ」を追いかけることで表現した
カラーA2以上25点を展示予定。

中義写真展「濡れた砂粒」
会期:2012年4月27日(金)~5月10日(木) 10:30-18:00
   (日曜休/入場無料)
会場:エプソンイメージングギャラリー「エプサイト」
   〒163-0401東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル1階
   (JR新宿駅西口徒歩8分)
http://www.epson.jp/epsite/
   TEL03-3345-9881



中義(ナカヨシ)
1973年大阪府生まれ。東京都在住。写真表現大学卒。
http://nakayoshiphoto.jimdo.com/



| 未分類 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

塩竈市災害救援金のご報告②

(6)10月
塩竈フォトフェスティバル2011開催。運営費として救援金を充当させていただきました。
被災地で行う初めてのフォトフェスティバルのテーマは「写真の力」。
12日間の開催で、入場者数約7000名を記録しました。


■ ポートフォリオレヴュー・写真賞/ふれあいエスプ塩竈
_MG_4553_convert_20120301135332.jpg


_MG_4843_convert_20120301144546.jpg


■ 馬場龍一郎「ひとにふれていたい2011」/ビルドスペース
_MG_4275_convert_20120301143040.jpg


■三好耕三「SAKURA 櫻覧」展 /亀井邸
_MG_4775_convert_20120301144810.jpg


■植田正治「雲のうつくしい日に。」展/ふれあいエスプ塩竈
_MG_4589_convert_20120301143340.jpg


■Click For Hope 写真展-1枚の写真がつなぐ希望-/ふれあいエスプ塩竈
_MG_4542_convert_20120301145046.jpg


■Logue311 東日本大震災 塩竈の記録/ふれあいエスプ塩竈
_MG_4535_convert_20120301144103.jpg


■復興ライブ リリーズ・コール(塩竈コーラスグループ)、早瀬直久(べべべちお)、わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)、ATSUSHI(Dragon Ash)

_MG_4715_convert_20120301223938.jpg
_MG_4735_convert_20120301224108.jpg


■アンケートにもとてもポジティブなご意見・ご感想が寄せられました。(抜粋)
「大変すばらしい写真を見せていただき感謝しています。
この感謝を忘れずに復興へつなげましょう。」
(塩竈市 60代男性)

「震災の現実と、雲や櫻などの美しさ、自然の厳しさと優しさを感じました。」
(いわき市 40代男性)
   
「希望をもらいました。我々も被災者ですが、これから前をむいていきます。」
(塩竈市 60代女性)

「希望いっぱいの写真すごく良かったです。
最近写真をはじめましたが、私もいっぱいとりたいと思いました。]
(仙台市 10代女性)


(7)12月
仮設住宅(伊保石仮設住宅、ガス体育館仮設住宅)と保育園(香津町保育所)での
クリスマスプロジェクトの実施。
復興が進む中、市民の中には心の傷を抱え、将来に大きな不安を感じている方も多いのが現状です。
長くて長い東北の冬を乗り越えるために、3mの大きなツリーとプレゼントをそこにいる1人1人の
方に心を込めて手渡しで届けることで、これからの生活に希望と光を少しでもあたえられたらという
思いで実施しました。こどもから大人まで、約450名にプレゼントをお渡しすることができました。
当日の様子をご覧いただけます。
http://pippocamera.com/main/?cat=18


ot005_IMGP5647_convert_20120301224825.jpg


ot009_IMGP5696_convert_20120301224849.jpg



(8)2012年3月11日
3.11 ひらま写真館トーク 「写真と人間」を開催します。
震災から1年経った2012年3月11日、塩竈市のひらま写真館にてトークを行い、改めて人にとって写真とは何なのかを考えてみたいと思います。救援金は、出演者の交通費として充当させていただきます。

出演:飯沢耕太郎・写真評論家(宮城県仙台市出身)
   吉原悠博・美術家、吉原写真館6代目店主(新潟県新発田市在住)
   平間至・写真家(宮城県塩竈市出身)


3. 今後の活動について
 街の大部分は修復され、休業していた店舗も営業を開始しており、震災と津波の被害が明らかな地域はずいぶん少なくなりました。近隣の地域よりも復興が早いという声がよく聞かれます。一方で、被災された方々の中には、心の傷や将来の不安を抱えて暮らす方が少なくありません。目には見えにくい部分での支援の必要性が強まってきているように思います。
 塩竈フォトフェスティバルでは、仮設住宅で暮らす方々が新たな住まいに移転することができるまでを当面の目標として、これからも継続的に支援活動を行っていきます。今後の動きについては、秋頃にとりまとめて、お知らせをいたします。


4_convert_20120301231526

| 未分類 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。